すごくまとも

まともな人間でよかった

【未来掲載短歌】2019年1月号

未来2019年1月号掲載

入院生活終盤戦

一週間留守したドアに突っ込まれているおとといの断水通知
靴の中までぐずぐずの足取りで、それでも行って帰ると決めた
おとずれる季節を受けて立つのでしょう、ラーメン屋ではサザンが流れ
血液がめぐりはじめる ラーメンをキメてみなぎる女のちから
現実を見てはいけない病棟の窓からあなたの職場が見える
中庭ですずめがつつくよく見れば蟻にまみれたご飯が白い
人はみな上半身を失えばガジュマルとして立ちつくすのみ
犬がいる 惰性でアイスコーヒーを買う十月のあたま撫でつつ